忍者ブログ
HOME Admin Write

ままちゃり

弱虫ペダルの二次創作サイトです。原作とは一切関係ありませんのでご注意ください。 主に東巻東、福新、新荒など またBL、同人が苦手な方は引き返すことをお薦めします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「んん・・・はっ・・じゅ・・いっ・・ち」

強引な唇が新開の分厚くて形の良い唇を塞いだ。
その唇は舌を伸ばしては新開の唇を舐め取ってから、唇の間をすり抜けて口の中へと進入する。生き物のように口の中を長く伸ばされた舌が這う。
口の中を別の人間の舌が這うと首筋からゾワゾワと何かが湧き起こってくる。
頭の角度を変えながらより奥深くに舌を伸ばされて、喉の奥まで逃げていた舌に絡みついてきた。ああ・・・頭の中に霞がかかる。
寿一が俺にキスしてるんだよな。
理解はしていても、体の反応に戸惑う。
大きく口を開けて新開の唇を吸う。
ちゅっちゅ・・という唇の音にやっぱりキスしているという実感が湧く。
寿一の片手が新開の首のファスナーのつまみを引く。
ジジジという小さな音と友に胸が露わになった。
そこに新たに湿った感触が這う。
「んあっ・・ひゃあっ・・」
少し高い声を上げると寿一のさっきファスナーを下ろした指先が唇の中へ入ってきた。
寿一の太い指を口に咥えさせられる。
「新開の唇は気持ちいいな」
指先を入れたり出したりしながら人差し指を新開の唾液でべったりと濡らす。
それだけなのに新開はすごくいやらしい行為に感じてしまう。
「しんかい・・」
もう一度寿一の唇が新開の唇を塞いだ。
苦しくなるくらい強く吸われて、頭が寿一の体に引き寄せられる。
「んっ・・・うっくっ」
さっきまで舐められていた胸の乳首が湿ってひんやりしてツンと堅くなっている。
寿一の胸が擦れるだけで余計に堅さを増していく。
下ももう硬くなっている。寿一は意地悪くこのまま放置する気なのか・・・
だが、よく考えると、どうして今寿一と俺はキスなんかしてるんだろう。
そりゃあ寿一のこと好きだけど・・・
と考えていると寿一の唇が新開の唇を上と下を別々に食らいつく。
唇を食べられているように寿一は丁寧に新開の唇を吸う。
「しんかい・・・」
寿一の股間があたる。
やっぱり寿一も堅くしていた。
新開の唇を舐めながらこの分厚い唇で責め立てられることを想像でもしているのだろうか・・・
まだ唇を解放してくれない。
一体どうすればここから先に進めるんだろう?
それとも寿一はこれだけで満足なの?
俺が無理かもしれない・・・
「じゅ・・いち・・」
ようやく声を出してみても寿一の唇は湿って赤くなった新開の唇を離そうとはいない。
そのままぎゅっと抱きしめられながら下から寿一の硬いものが腹に擦りつけられる。
ああ・・これで・・・
福富が離れていったのは急だった。
腰の動きが激しくなってから走って行ってしまった。
「ずるいよ寿一、俺はどうすりゃいいんだよ」
新開はすっかり硬く張りつめた自分の股間を見下ろしていた。
 
 
おわり

福新好きです。
絶対にお互い硬派だし、新開は鈍そうだし
体の欲求だけは溜まっていくけど
どうやって処理すればいいかわからないとか
ツボ過ぎて・・・^p^
欲望のままに書いたよ^^
読んでくれてありがとうございます!

拍手[4回]

PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター


カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント


プロフィール

HN:
run
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索


最古記事

P R


アクセス解析

Copyright ©  -- ままちゃり --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]