忍者ブログ
HOME Admin Write

ままちゃり

弱虫ペダルの二次創作サイトです。原作とは一切関係ありませんのでご注意ください。 主に東巻東、福新、新荒など またBL、同人が苦手な方は引き返すことをお薦めします。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「新開、お前の早さの秘訣を教えてくれ」
 
※ここから先は18歳以上の方のみどうぞ

いつも真面目に速く走ることだけを考えている福富。
自転車の名門に生まれてこれまで勝つことだけにこだわって生きてきた。
だから新開のエーススプリンターとしての早さを福富は追求したいと考えていたらしい。
「そんなこと言ったって寿一・・・俺にもわかんないよ」
新開は福富に笑いかけた。
「じゃあ俺がお前のサーヴェロになるから乗ってみてくれ」
「は?!」
新開は普段冗談など言わない福富がめずらしくジョークを言ったのかと顔を見た。
しかし、至って大まじめだった。
「どうだ?それならきっとわかると思わないか」
「まぁ、そう言われればたしかにそうかもしれんが、福富じゃ走らないしなぁ・・・」
新開は頭をかきながら福富を見るが、福富は希望に満ちた眼差しで新開を見ていた。
「走らんが、俺の尻をサドルにして肩をハンドル、太股をペダルにしてみるんだ。それで思い切り俺の太股を踏み込め」
「あ~いや、それじゃあ寿一が痣になりそうで・・・ちょっと無理じゃないか?せめてその、もっと下が柔らかいところとかならいいかもしれない」
新開は困ったように福富を見た。
「そうか!それなら俺の部屋に来い!」
と福富は新開の手首を掴んで強引に歩き出した。
「ちょっ、これ乗っていかないと・・・」
と自分のサーヴェロを指す。
すると福富は「そうだな」と自分も自転車に乗った。
自転車で20分ほど走ったところに福富の家はあった。
そういえば寿一の家にははじめて来たな
などと思いながら新開は目の前の家を見上げた。
「さぁ、入れ」
自転車を家の前に止めると鍵を開けてドアを開いた。
新開も同じように福富の後を続く。
福富は部屋まで来ると制服のシャツとズボンを脱いでベッドに両手と膝をついた。
「さあ、新開!」
部屋に着くなり乗れと言う。
新開はあまりに真剣にそう言う福富に従うことにした。
「わかったよ」
新開はベッドの上で四つん這いになっている福富の上に乗った。
「寿一重いだろ」
心配そうに下になっている福富に尋ねるが福富はかぶりを振った。
「気にしなくて良いから、早く足を乗せてみろ!」
そう言われても少し無理があるんじゃ・・・
そんなことを思いながらも新開は福富の太股に足を乗せた。
だがそれ以上足を踏み込むことなんかできない。
「寿一これ以上は無理だな」
新開は少しだけ腰を上げた体制で首を振った。
「うーん・・・わかった」
福富はそのままぐるりと体を反転させながら腹の上に新開をまたがせた。
両足を持ち上げた。
「新開、足の裏にお前の足を乗せて回せ」
「でも・・・」
新開は何だかちょっと気になることがある。
福富の股間が自分の股間にぶつかる。
これはちょっと・・・まずくないかな
案の定福富の股間に変化が起きてきた。
福富はそれでも気にせずにまだ足を回せとせがんだ。
仕方なく新開が足を回す。
「これだよ新開」
ようやく何かをつかめたのか福富が満足そうに頷いた。
新開が動きを止める。
「なぁ、福富こっちはどうする?」
新開の言葉に福富はようやく自分の股間に気づいて真っ赤になった。
「あ、つい・・その・・・すまん」
「いいよ寿一」
新開はニッコリと微笑みながら福富の下着に手を伸ばした。
「えっ、おい・・おまえ」
「だってこのままじゃおれのせいだし・・責任とらないと」
と福富の雄に唇を寄せる。
「あぁぁぁ」
新開の分厚い唇が福富の雄を包み込む。
「新開・・・きもちいいぞ・・」
新開の頭を掴んでその顔を見ると福富はすぐに体中が熱くなる。
「だが、おまえ・・・もういいから」
それでも新開はやめようとはしない。
福富が一度たっするまでそれほどの時間はすすらなかった。
「寿一・・たまってたなら言ってくれれば良かったのに」
新開が唇を拭いながら体を起こした。
「それじゃあ、俺は帰るね。またな寿一」
新開は福富の家を出て行った。
福富は呆然と
「違うぞ・・・決してそんなつもりでお前を呼んだ訳じゃないんだからな!!」
誰もいなくなった部屋で呟いた。
 
 
おわり


読了、お疲れ様でした。
web拍手をありがとうございます
すごく嬉しいです!!

すみませんちょっとオヤジネタ入ってました^^
でも鈍感で真面目な福富ならきっとこんなことがあってもいいのかな
などという妄想の上にこんな話になりました^p
^

拍手[2回]

PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター


カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント


プロフィール

HN:
run
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索


最古記事

P R


アクセス解析

Copyright ©  -- ままちゃり --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]